ぽってり。桜の帯留 凛太郎×ごのみ限定 京都 陶器 


■ 陶芸家 凛太郎
陶芸家:村沢凛太郎

京都工芸繊維大学卒
京都の染め屋に生まれ、手描き友禅の仕事に携わりながら、清水焼の絵付けも行う
現在は陶芸活動の傍ら、陶芸教室も行っています。

陶芸教室 工芸ルーム(最寄り駅JR二条駅)

いつもの着物コーディネートをオシャレにしてくれる、ぽってりとした可愛らしい帯留めです。

どんな着物やコーディネートにもあわせられるよう、釉薬の色も吟味して考えました。
陶芸家 凛太郎さんと、ごのみの限定コラボレーション。
帯留め金具は、三分紐が通るサイズとなっております。


[サイズ] 約3.8×約3.8(cm) 金具:三分紐用
[生地・素材] 陶器 金具:真鍮メッキ
[その他] 1点1点すべて、手作りの品になります。そのため釉薬の色や少々形にばらつきがございます、あらかじめご了承くださいませ。

商品の写真は、実物に近い色、風合いを調整しておりますが、機種により誤差が出る場合があります。
型番 rintarou-od-002
販売価格 2,160円(税160円)
購入数









「ごのみ」って?

西陣織の職人を増やしたい!

京都の伝統産業である、西陣織の織手は平均年齢70歳。
あと10年もすれば織手がいなくなってしまうと、言われています。
今のうちに織手育成をすることができないだろうか?と立ち上がった伝統工芸士さんの呼びかけで集まった仲間で、西陣織 若手織手育成プロジェクトを立ち上げました。職人育成にかかる費用はこちらのネットショップの売上から拠出します。

Top